Colorful tablets with capsules and pills on blue

詳しい症状について

a pills pack with green pills

もっと詳しく双極性障害の症状の話を進めていきましょう。一般的なうつ病とは果たしてどのような違いがあるのか?まず簡単に言ってしまえば、二つの症状を繰り返すという特徴を持っています。二つの症状というのは、一つが「躁転」と呼ばれるもので、例えるならちょっとした興奮状態を指します。または爽快状態とも言えますね。そしてもう一つの症状が「うつ」です。これは誰しもがわかりますよね。つまりこの二つの症状が入れ替わりで起こることを、双極性障害と言うわけです。また、この症状が繰り返されることをラピッドサイクラーとも言われております。特に抗うつ剤を打つ方に多いとも言われているので、既に心当たりがある方も多いかもしれません。またさらに細分化していくと、双極性障害には二つの型にも分けられます。一つが「双極Ⅰ型障害」、そしてもう一つが「双極Ⅱ型障害」です。実際にこれらは症状の重さを指し示しており、双極Ⅱ型障害の方が比較的軽めの症状になります。この辺の判断の仕方についてですが、主に躁状態が4日以上続いている方で且つ何かしらトラブルを引き起こしていない方が双極Ⅱ型障害だと言えるでしょう。ではもしも双極性障害がずっと続くことになったら人はどうなってしまうのか?残念ながら双極性障害によって自殺してしまうという方も結構多かったりします。何故自殺をしてしまうのかというと、躁状態からうつ状態になった時のタイミングで、躁状態の時にとった行動を思い出してネガティブな感情を呼び寄せます。そのギャップを何度も感じることで大きなストレスに繋がってしまうんですよね。